メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外即位祝賀パレードの延期検討 政府、台風配慮
特集ワイド

在日の歴史学者、姜在彦さん逝く 司馬さんとの旅、光の中に 病床で赤ペン握り、隣人同士の友好願う

姜在彦さん=2016年12月撮影

 在日の歴史学者、姜在彦(カンジェオン)さんが亡くなった。享年91。司馬遼太郎さんと親しく、人気シリーズ「街道をゆく」では故郷の韓国・済州島を一緒に旅した。隣人とはいえ、朝鮮半島の北も南も日本人にとってなお理解しがたいところが多い。その死を悼み、語り残したあれこれを記しておく。【鈴木琢磨】

 ちょうど1年前だった。久しぶりに大阪の姜さん宅にお邪魔した。友人による国政介入スキャンダルで朴槿恵(パククネ)大統領(当時)の下野を求め、ソウル中心を市民のろうそくデモが埋めつくしていた頃である。「まるで自分が踏みつけられたみたいに怒っているが、僕にはよくわからんです」。私はうなずいた。

 「ああ、よかった。僕だけそう感じていたんかと思っていたので。とにかく競争が激しい社会です。政治もそ…

この記事は有料記事です。

残り2438文字(全文2778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 五輪マラソン、札幌開催に自信 IOC調整委員長「実行する」 早急にコース計画

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです