メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊400年への道

囲碁 文裕7冠と「アルファ碁」=金沢盛栄

2度目の7冠を達成し、記者会見でポーズをとる本因坊文裕=静岡県熱海市で10月17日

 今年も残すところ約1カ月。主要棋戦は、ほぼ終了した。囲碁界にとって、どんな1年だったのだろうか。昨年は人工知能(AI)「アルファ碁」の登場と本因坊文裕(もんゆう)(井山裕太九段)による7冠達成という強烈な出来事が二つあった。昨年ほどの大波ではないが、今年はその余波が続いた1年だったように感じる。文裕の再度の7冠制覇、そしてアルファ碁の最終進化である。

 まずは文裕。昨年11月に名人を失い、6冠になったものの、ずるずると後退することはなかった。年内に王座、天元、年を明けてからは棋聖、十段、本因坊、そして碁聖とすべて防衛。あっという間に、再7冠を視野に入れた。名人戦では、リーグ全勝で挑戦者に。高尾紳路名人(当時)との七番勝負は初戦こそ落としたものの、以降4連勝でタイトルを奪取。最速で7冠復帰となった。

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  2. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  3. #最後の1年 「真紀さん」と挑むスピードスケート名門復活 駒大苫小牧主将

  4. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです