メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊400年への道

囲碁 文裕7冠と「アルファ碁」=金沢盛栄

2度目の7冠を達成し、記者会見でポーズをとる本因坊文裕=静岡県熱海市で10月17日

 今年も残すところ約1カ月。主要棋戦は、ほぼ終了した。囲碁界にとって、どんな1年だったのだろうか。昨年は人工知能(AI)「アルファ碁」の登場と本因坊文裕(もんゆう)(井山裕太九段)による7冠達成という強烈な出来事が二つあった。昨年ほどの大波ではないが、今年はその余波が続いた1年だったように感じる。文裕の再度の7冠制覇、そしてアルファ碁の最終進化である。

 まずは文裕。昨年11月に名人を失い、6冠になったものの、ずるずると後退することはなかった。年内に王座、天元、年を明けてからは棋聖、十段、本因坊、そして碁聖とすべて防衛。あっという間に、再7冠を視野に入れた。名人戦では、リーグ全勝で挑戦者に。高尾紳路名人(当時)との七番勝負は初戦こそ落としたものの、以降4連勝でタイトルを奪取。最速で7冠復帰となった。

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです