連載

フォーカス

テレビや映画、アニメなど旬のタレントの横顔を、出演作とともに紹介します。

連載一覧

フォーカス

綾瀬はるか 「精霊の守り人 最終章」ヒロイン、バルサ役 動き、体に入ってきた

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

綾瀬はるか 「精霊の守り人 最終章」ヒロイン、バルサ役(NHK総合=土曜午後9時)

 今作に出合うまで、アクションとほとんど縁がなかった。シーズン1(昨年3~4月)、シーズン2(1~3月)に続く今シーズンで最終章を迎える。やりを武器に奮闘する女用心棒バルサを足かけ3年、演じてきた。「撮影が終わって、ちょっと空くとすぐ次が入る感じだったので、さみしさと楽になったというのと両方がありますね」

 中学時代はバスケットボールに打ち込み、体を動かすのは得意。シーズン1では腕立て伏せを毎日200回こなし「二の腕の筋肉が馬の脚のようでした」。歩き方や食事の仕方をどうすれば男らしく演じられるかに苦労したが、「ドシッとした動き方は体に入ってきた感じがします」。最終章の撮影前には、筋トレは特にせず、やりを振る軌道を研究し、体幹の強化に力を入れた。「馬の脚が今はポヨッとしています」

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文832文字)

あわせて読みたい

注目の特集