もんじゅ

廃炉完了に30年 原子力機構が計画申請 燃料搬出先未定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 日本原子力研究開発機構は6日、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の廃炉の工程や安全対策を示した廃炉計画を原子力規制委員会に申請した。2047年度までの30年間で廃炉を完了させる計画。規制委の計画認可を受けて廃炉作業が始まるが、取り出した使用済み核燃料の搬出先や、原子炉容器内の液体ナトリウムの抜き取り方法が決まっていないなど、課題は山積している。

 申請された廃炉計画によると、廃炉は4段階に分けて実施する。第1段階は18~22年度で、原子炉内にある核燃料計370体を全て取り出す。第2段階以降の23~47年度で、燃料の冷却に使った液体ナトリウム計約1670トンの抜き取りや建屋解体などを終わらせる予定だが、具体的な工程などは未定で、今後改めて申請して審査を受ける方針だ。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文649文字)

あわせて読みたい

ニュース特集