メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美の庭

現代美術家・榎忠 兵器で問う人の矛盾

アトリエで使用済みの薬きょうを磨き、オブジェ作品にする榎忠=神戸市西区で、清水有香撮影

 この男、危険。そう書かれた2008年の個展ポスターが部屋のドアを飾る。作業場には使用済みの薬きょうが山と積まれ、「LIBERTY」(自由)と刻まれた黒光りの大砲がこちらをにらむ。神戸市西区の山中にある現代美術家、榎忠(えのきちゅう)(73)のアトリエはさながら革命を準備する秘密基地のようだ。旋盤工として金属加工会社に定年まで勤めながら、主に鉄の廃材を使った作品を発表。重厚な作風とは対照的に小柄で、エノチューの愛称で親しまれる。

 作品にしている使用済みの薬きょうは、主に沖縄の米軍キャンプに集められたもの。「撃った後の薬きょうがこれだけあるということはどういうことなのか、想像してほしい」と榎は話す。ゆがみの激しい数十センチもの大きな薬きょうは気に入った形を選び、専用の機械でさび付いた表面を磨いて美しいオブジェへと変貌させる。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文892文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  4. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです