メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美の庭

現代美術家・榎忠 兵器で問う人の矛盾

アトリエで使用済みの薬きょうを磨き、オブジェ作品にする榎忠=神戸市西区で、清水有香撮影

 この男、危険。そう書かれた2008年の個展ポスターが部屋のドアを飾る。作業場には使用済みの薬きょうが山と積まれ、「LIBERTY」(自由)と刻まれた黒光りの大砲がこちらをにらむ。神戸市西区の山中にある現代美術家、榎忠(えのきちゅう)(73)のアトリエはさながら革命を準備する秘密基地のようだ。旋盤工として金属加工会社に定年まで勤めながら、主に鉄の廃材を使った作品を発表。重厚な作風とは対照的に小柄で、エノチューの愛称で親しまれる。

 作品にしている使用済みの薬きょうは、主に沖縄の米軍キャンプに集められたもの。「撃った後の薬きょうが…

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文892文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 愛知・小牧 隕石直撃、住宅の屋根壊す
  3. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  4. 滋賀・日野町事件 元受刑者の死後再審決定 大津地裁
  5. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです