タマネギ

南相馬を産地に 雪の少ない気候生かし、大産地の出荷少ない端境期狙う 元商社マン・豊田雅夫さん /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
タマネギの苗を植えるため畑の状況を確かめる豊田雅夫さん=南相馬市原町区で
タマネギの苗を植えるため畑の状況を確かめる豊田雅夫さん=南相馬市原町区で

 東京電力福島第1原発事故からの農業の立て直しが課題になっている南相馬市で、タマネギの産地化に向けた取り組みが本格化している。冬でもほとんど雪が降らない気候を生かして、秋から作付けを始め、北海道など大産地の出荷が少ない6~7月の端境期に出荷する計画だ。仕掛け人は、東京から脱サラして移住してきた元商社マン。今後、南相馬産のタマネギを使った「ご当地カレー」などを作って、消費者にもPRするつもりだ。【大塚卓也】

 太陽が西の山並みに沈み、吹き下ろす寒風が体温を奪っていく。

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1234文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集