メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

流行期入り 県内、学級閉鎖増える /群馬

 県は5日、県内でインフルエンザの流行期に入ったと発表した。昨年より3週間遅いが、11月下旬から学級閉鎖などの休業措置を取る学校が増えている。

 県が定点観測している医療機関(全95カ所)の11月27日~12月3日の患者状況を集計すると、1医療機関あたりのインフルエンザ患者数は2・33人で、流行期の目安となる1人を超えた。

 地域別では、桐生(3・22)▽前橋(3・00)▽太田(2・70)--の順に多く、県内のほとんどの地…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文591文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  3. 大阪震度6弱 安倍首相、21日に被災地視察
  4. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  5. カナダ 地下鉄ホームから突き落とされ死亡 日本人男性か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]