メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

流行期入り 県内、学級閉鎖増える /群馬

 県は5日、県内でインフルエンザの流行期に入ったと発表した。昨年より3週間遅いが、11月下旬から学級閉鎖などの休業措置を取る学校が増えている。

 県が定点観測している医療機関(全95カ所)の11月27日~12月3日の患者状況を集計すると、1医療機関あたりのインフルエンザ患者数は2・33人で、流行期の目安となる1人を超えた。

 地域別では、桐生(3・22)▽前橋(3・00)▽太田(2・70)--の順に多く、県内のほとんどの地…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文591文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口メンバー 「世の中騒がせた」涙で謝罪 無期限謹慎
  2. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
  3. ORICON NEWS 国分太一、山口達也の“アルコール治療”明かす「断絶したい気持ちもあったと思う」
  4. 大川小津波訴訟 2審の仙台高裁も石巻市と県に賠償命令
  5. 山口メンバー 無期限謹慎処分に 所属事務所が決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]