メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

瀬田栄之助

人道作家の半生追う 四日市の志水さん出版 捕虜収容所で慰安演奏会企画、外国兵の墓作りも /三重

瀬田栄之助の半生を描いた本を手にする志水雅明さん=四日市市で

 四日市市出身の作家、瀬田栄之助(1916~71年)の足跡をたどった本「戦場のファンタスティック シンフォニー~人道作家・瀬田栄之助の半生」が出版された。戦時下、市内の捕虜収容所で通訳をしていた時、慰安のために外国兵による生演奏を企画したことを手記で紹介するなど、敵味方を超えた献身的な行為に光を当てている。【松本宣良】

 半生記を著したのは、日本文芸家協会会員の志水雅明さん(67)=四日市市江村町。半世紀近く前、市内の書店で偶然、瀬田作品を見かけ、人権や公害問題を取り上げている点に心を打たれた。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです