メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

理解を 生田斗真さん主演「彼らが本気で編むときは、」上映会 16日、松山・コムズで午後1時と午後6時 /愛媛

多様な家族の形描く

 心と身体の性が異なるトランスジェンダーの女性を俳優・生田斗真さん(33)が演じた映画「彼らが本気で編むときは、」(荻上直子監督)の上映会が16日午後1時と6時からの2回、松山市三番町6の市男女共同参画推進センター・コムズ5階大会議室である。19歳以下は無料。20歳以上の前売りチケットは、いよてつ高島屋(同市湊町5)と明屋書店本店(同市同町4)・石井店(同市北井門2)で1000円で販売。当日は1300円。

 映画を通じて性的マイノリティー(LGBTなど)について考えてもらおうと、映画自主上映団体「マネキネマ」(松山市土居田町)と、LGBTなどの当事者でつくるNPO法人「レインボープライド愛媛」(同市平和通6)が主催した。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです