メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県再生可能エネ推進委

新ビジョン素案を議論 地産地消による地域活性化など盛る /鹿児島

 県の新たな再生可能エネルギー導入ビジョンを策定する「再生可能エネルギー推進委員会」が、県庁であり、再生可能エネルギーの地産地消による地域活性化などを盛り込んだ新ビジョンの素案が示された。

 素案では、地域の資源を地域で利用することで雇用を創出し、地域内で資金の循環を図ることや、再生可能エネルギー関連…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです