国連

事務次長訪朝 仲介役狙う 正恩氏と会談焦点

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューヨーク國枝すみれ】国連のジェフリー・フェルトマン事務次長(政治局長)が5日、空路で北京から北朝鮮の平壌に到着した。8日までの滞在中、李容浩(リヨンホ)外相ら北朝鮮の高官と会談する予定。4日に記者会見したドゥジャリク事務総長報道官はフェルトマン氏と北朝鮮側との会談について「幅広い分野での政治的議論となる」と語った。朝鮮半島情勢が緊迫する中、緊張緩和に向けて国連が仲介役を試みる。(3面にクローズアップ)

 事務次長の訪朝は2011年、当時のエイモス次長(人道問題調整官)以来。

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文545文字)

あわせて読みたい

注目の特集