メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第5部 JR東日本/11 エキナカからマチナカ

改装した「ペリエ千葉」で人気を集めているラーメン店「松戸富田麺業」=JR千葉駅で2017年11月21日、根岸基弘撮影

 JR東日本は2000年代以降、鉄道事業の収益が頭打ちとなる中、毎日多くの人が使う主要駅にコンビニや商業施設、ファッションビルなどを展開する「エキナカ」ビジネスを進めてきた。その結果、「エキナカ」を含む生活サービス事業の収益は全体の3割弱まで拡大したが、通勤・通学客らを「エキナカ」の買い物に誘導するモデルには限界も見え始めている。

 松戸の行列ができる店のつけ麺、船橋で人気のメロンパン、地元のブランド食材を使ったグルメ……。今秋、…

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1171文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです