メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

皇位継承へ準備本格化 検討会議、来月設置

 政府は来年1月に菅義偉官房長官の下に退位や即位の儀式のあり方などを検討する会議を設け、皇位継承に向けた準備を本格化する。菅氏は5日の記者会見で、今後の準備作業について「準備が必要なことは元号、退位後の補佐組織、お住まいなど多岐にわたる。過去の例を参考にしながら進めていきたい」と語った。【田中裕之、遠藤修平】

 会議には正副官房長官、宮内庁長官、内閣府事務次官らが参加する。退位の儀式のあり方が最大の焦点となる。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです