メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性と国会

新人議員座談会/下 思い実現するには

座談会で議論する(左から)国光文乃氏、森夏枝氏、早稲田夕季氏、西岡秀子氏=東京都千代田区で2017年12月4日、和田大典撮影

 新人の女性衆院議員4人による座談会。後半は国会議員を志したきっかけや、幼児教育・保育の無償化について語り合った。【司会・佐藤千矢子政治部長】

1強でない政治に 西岡氏

高齢者の声届ける 森氏

 --国会議員を目指した理由を聞かせてください。

 国光文乃氏(自民党・38歳) 私は医師として現場で働いていました。少子高齢化が世界一のスピードで進む中、医師不足、小児産科医療や介護サービスの不足などさまざまな問題があります。将来世代のために課題解決に取り組むには、政治のリーダーシップが欠かせないという思いで選挙に出ました。

 西岡秀子氏(希望の党・53歳) 初挑戦は昨年の参院選でした。当時の民主党から「ぜひ」とお話をいただ…

この記事は有料記事です。

残り1367文字(全文1674文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです