メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

青酸連続殺人、地裁死刑判決 認知症と向き合う裁判に=飼手勇介(京都支局)

初公判では一般傍聴席58席に対し、614人が整理券を求めた=京都市中京区で2017年6月26日午前、小松雄介撮影

飼手(かいて)勇介

 近畿3府県で起きた青酸化合物による連続殺人事件の裁判員裁判で、京都地裁は11月7日、筧(かけひ)千佐子被告(71)に死刑を言い渡した。過去2番目に長い135日間の公判のほぼ全てを傍聴したが、判決に至ってもなお、なぜ犯行に及んだのかなど事件の核心部分が見えてこなかった。私はその最大の理由が、司法が被告の「認知症」と正面から向き合わなかったことにあると感じている。

この記事は有料記事です。

残り1892文字(全文2083文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  4. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  5. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです