メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

望郷の念 ニューデリー支局・金子淳

 「インドに来たのは10年前。故郷を捨てたくはなかったけれど、子供たちの未来を選んだ」。ヒンズー教徒のグマーンさん(45)は渋い表情でつぶやいた。会ったのはインド西部の街ブジ。かつてのグマーンさんの「母国」であり、今では「敵国」となってしまったパキスタンとの国境までは、車で約2時間の距離だ。

 パキスタン南部カラチ出身。父親は地元州議会議員を務めた名士だ。イスラム教徒が9割超のパキスタンだが「宗教対立もなく平和に暮らしていた」。…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 宮藤官九郎さん新型コロナ感染 「まさか自分が、と過信してしまい…」

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  5. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです