メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ

プリウス発売から20年 次はEV対応 HV技術活用、量産化急ぐ

 世界初の量産ハイブリッド車(HV)として開発されたトヨタ自動車の「プリウス」が10日、1997年12月の発売から20周年を迎える。ガソリンエンジンと電気モーターを併用して高い燃費性能を実現し、世界のエコカー市場を切り開いてきた。しかし、最近は各国で電気自動車(EV)の普及を促す動きが加速。トヨタはHVで培った電動化や蓄電池の技術を活用し、EVへの対応も急ぐ構えだ。【小倉祥徳、和田憲二】

 「21世紀に間に合いました」。94年に開発がスタートしたプリウスは、こんなキャッチコピーとともに登…

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  2. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  3. オンライン「人狼ゲーム」に数万回投稿 偽計業務妨害容疑で高校生書類送検

  4. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  5. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです