メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

西畠清順さん=世界を駆け回るプラントハンター

西畠清順(にしはた・せいじゅん)さん(37)

 世界中を走り回って、依頼主が求める珍しい植物を届けるプラントハンター。1年のうちの8割は、国内外に出張しており、これまでに訪れた国は36カ国以上。依頼主は、国内外の企業や行政、学校などで、年間約50件の案件を手がける。

 150年続く植物卸問屋の5代目。元々は植物に興味のない野球少年だったが、高校卒業後、海外放浪先のマレーシア・ボルネオ島で世界最大の食虫植物「ネペンテス・ラジャ」を目の当たりにし、植物の魅力に心を奪われた。「圧倒的なパワーを見せつけられ、植物あっての人類なんだと気づいたんで…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文674文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです