メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野鳥とともに

/9 宍道湖(島根県) 間近に見られるコハクチョウ

収穫後の田んぼで二番穂をついばむコハクチョウ=島根県出雲市で、フリーカメラマンの尾上和久さん撮影

 宍道湖は、島根県北東部に広がる面積79平方キロ、周囲47キロの汽水湖です。全国一の漁獲量を誇るヤマトシジミをはじめ、シラウオ、ウナギなど豊かな水産資源に恵まれ、その恵みを私たちは受け取っています。

 隣接する中海と並んで国際的に重要な湿地としてラムサール条約湿地となったのは、2005年のことです。西日本有数の水鳥の越冬地で、毎年、約20種、3万羽を超える水鳥がこの湖で冬を過ごします。中でも多いのはカモの仲間のキンクロハジロとスズガモで、ともに約1万羽が湖面で餌を取ったり、羽を休めたりする姿を見ることができます。また、タカの仲間のミサゴがホバリング(停空飛翔(ひしょう))をしながら、ボラなどを狙う様子や、オオタカ、まれにオジロワシを見ることもあります。春と秋には渡りの途中のシギやチドリの仲間が立ち寄ります。

 湖の西側には中国山地を水源とする斐伊川(ひいかわ)が流れ込んでおり、その河口周辺に広がる田んぼでは…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文897文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 二階氏妻葬儀に大島、菅、岸田氏ら参列 王氏や杉良太郎さんも
  3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  4. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  5. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです