メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

「帰ります」 千葉県君津市・田中久美子(介護職員・50歳)

 私は3年前から介護施設に勤めています。施設で暮らす認知症の方々は、いわば哲学者。深遠な言葉や警句が飛び交います。そこで最も多く聞かれる言葉は「帰ります」なのです。

 ご自身で納得して入居されるのが最も望ましいですが、訳の分からない所に置き去りにされたと感じる方は多いのです。そこで職員は、歌や体操といったレクリエーションを行い、運動会や敬老会などの行事を企画して、居場所作りに励みます。

 笑顔あふれる入居者の方々。でもやがて、おなじみの光景が現れます。「家族が迎えに来るから」と上着を羽…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文598文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです