岩泉町長

「記者にわいせつ行為」岩手日報が抗議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
厳しい表情で町議会議場に向かう伊達勝身・岩泉町長=岩手県岩泉町役場で2017年12月6日、鬼山親芳撮影
厳しい表情で町議会議場に向かう伊達勝身・岩泉町長=岩手県岩泉町役場で2017年12月6日、鬼山親芳撮影

 岩手日報社(盛岡市)は6日、同社女性記者が岩手県岩泉町の伊達勝身町長(74)からわいせつ行為を受けたことを明らかにした。

 同社によると、伊達町長は今年10月中旬の早朝、町内に宿泊していた女性記者の部屋を何度もノックした。記者がドアを開けると、部屋に入り無理やり抱きつき、複数回キスをした。記者はその後精神的ショックで休職状態にあり、刑事告訴も検討している。同社の抗議に対し伊達町長は、抱きつき行為は認めたがわいせつ目的を否定し、幻覚や幻聴があったなどと説…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文570文字)

あわせて読みたい

注目の特集