メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災児ケア施設

音で刻む記憶 松永貴志さん感謝のライブ

「浜風の家」=兵庫県芦屋市内で2017年9月6日午後0時46分、山本愛撮影

 阪神大震災で被災した児童の心のケアのために建てられた「浜風の家」(兵庫県芦屋市)が月末に閉館するのを前に、地元出身のジャズピアニスト、松永貴志さん(31)が15日、演奏会を開く。小学3年で被災した松永さん。浜風の家はグランドピアノがあると知って中学時代に通った。「感謝の気持ちを込めて演奏したい」と話す。

 当初、小児科医やカウンセラーらがいた浜風の家は、設立5~10年後には主に児童館として利用され、子どもたちの遊び場だった。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  4. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです