メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

所得税

給与所得者5%が増税 年収1000万円で6万円

自民党税調方針を確認 20年1月実施 公明、大筋受け入れ

 自民党税制調査会は5日、非公式幹部会合を開き、年収800万円超の会社員を増税とする所得税の控除見直しを2020年1月から実施する方針を確認した。影響が大きいため準備期間を設ける。公明党税調も同日の非公式幹部会合で政府、自民案を大筋で受け入れる方向で一致した。

 給与所得者全体の約5%が増税となり、年間の増税額は年収1000万円の会社員で約6万円、年収900万円で約3万円となる見込みだ。また、年金受給者全体の0.5%(約20万人)が増税となる見通し。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  3. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  4. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  5. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです