メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮ICBM

「火星15」推進力倍増 北大教授ら分析

29日に試射が行われた大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」型と自走式発射台車両を視察する金正恩朝鮮労働党委員長=朝鮮中央通信・朝鮮通信

 【バンコク西脇真一】北朝鮮が11月29日に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」は、7月に発射したICBM「火星14」より推進力がアップしたとみられることが、日置幸介・北海道大教授(測地学)らの分析で分かった。ミサイル通過後、大気の上層にある電離層で電子が大幅に減少。その割合は7月の発射時より大きく、日置教授は…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. センバツ入場行進曲に「世界に一つだけの花」と「どんなときも。」 槙原敬之さん作詞作曲
  5. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです