メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウクライナ

野党指導者を一時、拘束 反政府活動の疑い

機動隊ともみ合いになるサーカシビリ氏の支持者=ウクライナの首都キエフで2017年12月5日、ロイター

 【モスクワ杉尾直哉】ウクライナの捜査当局は5日、ジョージア(グルジア)の前大統領でウクライナの野党指導者、ミハイル・サーカシビリ氏(49)を首都キエフの自宅で拘束した。ウクライナ最高検のルツェンコ検事総長によると、2014年の政変で失脚し、ロシアに亡命中のヤヌコビッチ前大統領の「犯罪組織」から資金を得て、反政府活動をしていた疑いがもたれているという。

 キエフからの報道によると、サーカシビリ氏を連行した捜査当局の車は数百人の野党支持者に通行を阻止され…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです