メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山・大森浩平さん

「半端ない」写真のような鉛筆画

水滴が付いたボルトやナットを描いた作品=大森浩平さん提供

ツイッターやインスタグラムで話題

 岡山市北区の大森浩平さん(23)が鉛筆だけで描いた写真のような絵が「人知を超えている」「半端ない」とツイッターやインスタグラムで話題を呼んでいる。

 不登校だった大学時代の2013年、写実的な鉛筆画の世界をインターネットで知り、引き込まれた。H~5Bを使い分け、人物や静物を忠実に再現。一つの作品に280時間かけたこともある。

 就職はせず、自宅で作品を描く日々。企業から制作の依頼も舞い込み、この道を究めたいと思っている。「鉛筆と神経をとがらせては擦り減らす毎日だが、やりがいがある」【高橋祐貴】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金井宇宙飛行士 ガラス越しに両親、婚約者と別れ
  2. 飛行機 道路をそろり航空博物館お引っ越し 岐阜・各務原
  3. 風俗店火災 4人死亡 1人重体、7人けが 昨年、消防が改善指導 さいたま・大宮
  4. トランプ氏来日 国外でも専用車 米軍輸送機で運ばれ
  5. 小型飛行機 「本当に飛んだ」…メーヴェ、初の公開飛行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]