メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽生・永世7冠

「非常にうれしい」羽生新竜王の一問一答

「永世7冠」を達成し、記者会見で笑顔の羽生善治新竜王=鹿児島県指宿市で2017年12月5日午後5時22分、津村豊和撮影

 鹿児島県指宿市で4日から行われた将棋の第30期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)。第5局は5日午後4時23分、挑戦者の羽生善治棋聖(47)が渡辺明竜王(33)に87手で勝ち、対戦成績を4勝1敗として15期ぶり通算7期目の竜王となり、永世竜王の資格を得た。午後5時15分から別室で行われた羽生新竜王と報道陣の一問一答は次の通り。

この記事は有料記事です。

残り1941文字(全文2104文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  2. ももクロ コンサート、大勢のファン予想に近江鉄道苦悩
  3. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  4. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」
  5. 宮崎 霧島連山の硫黄山噴火 噴火警戒レベル3に引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]