メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽生・永世7冠

「非常にうれしい」羽生新竜王の一問一答

「永世7冠」を達成し、記者会見で笑顔の羽生善治新竜王=鹿児島県指宿市で2017年12月5日午後5時22分、津村豊和撮影

 鹿児島県指宿市で4日から行われた将棋の第30期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)。第5局は5日午後4時23分、挑戦者の羽生善治棋聖(47)が渡辺明竜王(33)に87手で勝ち、対戦成績を4勝1敗として15期ぶり通算7期目の竜王となり、永世竜王の資格を得た。午後5時15分から別室で行われた羽生新竜王と報道陣の一問一答は次の通り。

この記事は有料記事です。

残り1941文字(全文2104文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 気になる!保育所 おむつ処分 予算がない?
  4. ワンピース 「食戟のソーマ」チームがサンジ描く! ジャンプで連載21周年特集
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]