メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高麗神社参拝で示された「平和の意志」

 《戦後七十年という大きな節目を過ぎ、二年後には、平成三十年を迎えます。私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました》

 2016年8月8日の 「象徴としてのお務めについての天皇陛下のお言葉」は、こんな穏やか過ぎるフレーズで始まった。しかし、この「お言葉」には生前退位を希望される「強固なご意志」が隠されていた。

象徴天皇は憲法上、政治的発言が制限されている。それにも関わらず「元首の生前退位」という“究極の政治的選択”を天皇自ら選ばれた。それは、日本国の近代歴史に特記すべき「革命的決断」だった。

この記事は有料記事です。

残り2229文字(全文2559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. ロシア反体制派ナワリヌイ氏、帰国直後に拘束 影響力増大を警戒 欧州は非難

  4. ORICON NEWS 西野未姫、弟2人を顔出し「爽やか好青年!」「春日さんに似てる!」

  5. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです