メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

感染症 海外から持ち込まれるケースが増加

デング熱対策のため公園内で蚊の調査をする作業員ら=東京都渋谷区の代々木公園で2015年4月20日

頻発するアウトブレーク パンデミックも懸念

 「まず膝が腫れだし、次に足の甲の部分、ふくらはぎまで」「感染症、痛風の疑い……。結局、何なのか」--。シーズン中の9月初旬に書かれた大リーガー、上原浩治投手のブログだ。「原因不明の感染症」と報じられたが、薬が効き回復し、5日ほどで軽い運動を再開したとしている。ブログからは、診察した医師が「感染症」と判断したのかは定かでないが、「原因不明」の症状に「感染症では」という指摘を度々耳にする。海外から持ち込まれる感染症は後を絶たず、一つ間違えれば生命に危険を及ぼすこともある。

 最も一般的な感染症と言えば風邪だろう。風邪は病名ではなく、感冒や急性上気道炎のことで広く風邪症候群…

この記事は有料記事です。

残り2217文字(全文2525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  3. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです