メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・特集

日越農業連携 メード・バイ・ジャパニーズ・イン・ベトナム

ベトナムはコメの生産が盛ん。稲刈りの風景はハノイ郊外のあちこちで見られる(VAIO提供)

強みと弱みを補完し新プロジェクト

 農業者の高齢化と後継者不足、人口減少に伴う需要の落ち込みなど日本農業を取り巻く環境は厳しさを増している。一方で、ベトナムは肥沃な土地と若い労働力があり、近年は有機農産物への関心が急速に高まっているが、それに必要な農業技術が追いつていない。そうした日本とベトナムの農業分野の強みと足りない部分を補う日越連携の新たなプロジェクトが始まっている。

 ベトナムの首都・ハノイ。人口は商業都市のホーチミンと肩を並べる約700万人。その街角にここ数年「オ…

この記事は有料記事です。

残り5577文字(全文5814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです