メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ったなし

混迷打破する新鋭期待=武藤久

 「あの二つは根っこが一緒。自分だけが(相撲界全体の)中心だと思っているからあんな行動に出るんだ」とある元横綱は解説した。

 日馬富士騒動の中で行われた11月の九州場所。白鵬が11日目に物言いを求めて土俵下で立ち尽くし、暴行事件に同席していた立場で事件に関しての発言や観客に万歳を求めた千秋楽の優勝インタビューのことだ。

 白鵬は来年1月の初場所で横綱在位が最長の北の湖の63場所と並ぶ。しかし北の湖には決して聞かれなかった批判、不満がいま投げかけられている。

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです