メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

意外に多い「希少がん」 放置せず経験豊かな病院へ

希少がんの例

 患者数の少ないまれながんを「希少がん」と呼ぶ。10月に閣議決定された第3期がん対策推進基本計画では、充実を図るべき重点施策の一つに、その対策が位置づけられた。病名を聞いたことのないがんになる恐れは誰にでもある。情報を集め、病院を選ぶコツを探った。(医療ライター・福島安紀)

症例数で治療成績に差/脳腫瘍は高度手術カギ/電話相談、患者会活用を

 「一つ一つはまれな病気ですが、全てを合わせると国内のがん患者の15%、6~7人に1人は希少がんで、胃がんと同じくらいの数になります。がん全体で見ると、希少がんは決してまれではないのです」。そう話すのは国立がん研究センター希少がんセンター長の川井章さんだ。

 発生率が人口10万人当たり6例未満で「数が少ないが故に診療、受診する上での課題が他のがんに比べて大…

この記事は有料記事です。

残り2062文字(全文2410文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです