メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シニア映画歓

ホロコースト余聞=野島孝一

 歳末、ナチスドイツによるユダヤ人絶滅活動ホロコーストにかかわる実話映画が注目を集めそうだ。

 「否定と肯定」(8日公開)は、実際にあったホロコースト否定論者と肯定論者の裁判を通して、歴史の歪曲(わいきょく)に肉薄した。1994年、米国のエモリー大学で歴史学者のデボラ・E・リップシュタット(レイチェル・ワイズ)の講演が行われていた。そこへ彼女が著書でホロコースト否定論者として非難したディヴィッド・アーヴィング(ティモシー・スポール)が乗り込んできて、学生たちにリップシュタットがうそを教えているといって…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文632文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  2. 愛媛県 養殖ブリの餌にチョコ 抗酸化、鮮やかな色保つ
  3. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  4. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです