メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青年座

初の中津留作品 「寓話的構造」挑む 演出の伊藤

伊藤大氏=濱田元子撮影

 青年座が中津留章仁(トラッシュマスターズ)の書き下ろし「断罪」を8~17日、東京・青年座劇場で上演する。芸能事務所を舞台に日本社会を鋭く照射する意欲作。演出する劇団の伊藤大(まさる)は「寓意(ぐうい)を持って大きいところに切り込んでいる。それをお客様に感じ取っていただければ」と現代の作家と組む意気込みを語る。

 大物俳優が生放送で現政権を批判し、所属事務所を去ったのをきっかけにマネジャー蓮見(大家仁志)や上司…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文633文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  2. 山口メンバー書類送検 各テレビ局、出演番組を差し替え
  3. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
  4. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  5. 朝鮮戦争 南北で休戦状態から終結宣言へ 韓国高官

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]