メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

韓国・光州/上 民主化の動き、アジアに 聖地となった事件の現場

全南大正門前に設置されている、警察(手前)と相対する学生らの写真=棚部秀行撮影

 1980年5月、韓国南西部の光州で起きた民主化運動と軍事政権による弾圧は、銃撃戦に発展し、多くの犠牲者を出した。昨秋、邦訳が刊行されたハン・ガンさんの長編『少年が来る』(クオン)は、この「光州事件」を題材にした小説である。ハン・ガンさんは70年生まれ。間接的に事件を知る世代の作家が、韓国現代史に残る悲劇を詩的な表現で小説化した異色作だ。11月中旬、「民主化の聖地」とも言われる作品の舞台を訪ねた。

この記事は有料記事です。

残り1165文字(全文1365文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕
  2. ロシア プーチン大統領「70年も足踏み」日本と相いれず
  3. 埼玉・和光市 高齢男女が死傷、殺人容疑で捜査
  4. 殺人事件 高齢夫婦死傷、孫の中学生確保 埼玉
  5. ORICON NEWS “空気を読まない”コメンテーター古市憲寿、なぜ重宝? “炎上に対する無関心さ”が背景に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです