メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

韓国・光州/上 民主化の動き、アジアに 聖地となった事件の現場

全南大正門前に設置されている、警察(手前)と相対する学生らの写真=棚部秀行撮影

 1980年5月、韓国南西部の光州で起きた民主化運動と軍事政権による弾圧は、銃撃戦に発展し、多くの犠牲者を出した。昨秋、邦訳が刊行されたハン・ガンさんの長編『少年が来る』(クオン)は、この「光州事件」を題材にした小説である。ハン・ガンさんは70年生まれ。間接的に事件を知る世代の作家が、韓国現代史に残る悲劇を詩的な表現で小説化した異色作だ。11月中旬、「民主化の聖地」とも言われる作品の舞台を訪ねた。

この記事は有料記事です。

残り1165文字(全文1365文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光 「3歩で回れる3県境」整備 埼玉、栃木、群馬
  2. 尼崎脱線 顔を20回以上手術 犬が支え「あきらめない」
  3. 森友学園 国有地売却問題 佐川氏「役所守るため」 文書改ざんを事前了承 検察に供述
  4. 将棋 藤井六段、棋王戦予選決勝へ 今年度負けなし3連勝
  5. はしか 流行、沖縄厳戒「乳児や未接種妊婦、来県延期を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]