メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化財

この1年 保存と活用、新ステージ

世界遺産登録が決まった沖ノ島(奥)と3岩礁=福岡県宗像市で2017年5月、本社ヘリから森園道子撮影

 7月、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に、福岡県の古代遺跡「『神宿る島』宗像(むなかた)・沖ノ島と関連遺産群」の登録が決まった。玄界灘に浮かび、4~9世紀に国家的祭祀(さいし)が行われた沖ノ島(宗像大社沖津宮(おきつみや))や周辺3岩礁に加え、九州本土の宗像大社辺津宮(へつみや)などの8資産が推薦通り全て登録された。

 年中行事化の観がある近年の世界遺産登録でも、この登録は大きな画期になりそうだ。というのも、島そのも…

この記事は有料記事です。

残り1877文字(全文2092文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

  3. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

  4. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  5. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです