メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恐竜化石

水陸両用? モンゴルで新種 ひれで泳ぎ二足歩行

水鳥のような形態を持つ新種の恐竜「ハルシュカラプトル・エスクイリエイ」の復元予想図=ルーカス・パンザリン氏提供

 モンゴルの白亜紀後期(約7500万~7100万年前)の地層から、水鳥のような形態を持つ新種の恐竜の化石が見つかったと、イタリアなどのチームが7日、英科学誌ネイチャーに発表した。曲がった長い首と、ひれ状の前肢が特徴。陸上ではカモのように二足歩行し、水中では前肢を使って泳ぐなど、水陸両方で生活していた…

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文275文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 ノーベル化学賞受賞、下村脩さん90歳 長崎市内で
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  4. ひき逃げ 容疑で26歳男を逮捕 男性重体 沼田 /群馬
  5. ORICON NEWS 木村拓哉、文房具屋でオリジナルノート作り「裏表紙はぶっ飛んだのがよくない?」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです