メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くじら企画

「サヨナフ」 永山則夫がモデル 15~17日

 資本主義社会の中で取り残されていく孤独な少年の姿を浮き彫りにする演劇「サヨナフ--ピストル連続射殺魔ノリオの青春--」が15~17日、大阪市中央区東心斎橋のウイングフィールドで上演される。4回公演。

 海での事故により2009年に48歳で死去した大阪の劇作家、大竹野正典の秀作。12年から大竹野の戯曲を上演している団体「くじら企画」が演出する。

 大竹野は現実の事件に光を当て、濃密な人間ドラマを紡ぎ出した。「サヨナフ」は1968年、19歳の時に…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文545文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです