メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

落下傘爆弾

米軍、九州中南部で多用か 熊本で確認 今夏発見、終戦5日前に投下

 熊本市東区で7月、パラシュート付きの不発弾が見つかり、その後の調査で終戦直前に米軍により投下されたものと分かった。研究者の間では、米軍撮影の写真から鹿児島県の複数の都市にパラシュート付き爆弾が投下されたことが知られていたが、熊本県内でも見つかったことで「米軍がパラシュート爆弾を九州中南部で多用していた可能性が高まった」と指摘する。12月8日で太平洋戦争開戦から76年。空襲の実態は今も解明途上にある。【野呂賢治】

 不発弾は7月24日、下水道工事中に地下1・6メートルで見つかった。「M76」と呼ばれる大型焼夷(し…

この記事は有料記事です。

残り935文字(全文1193文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです