メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 双葉町有地、中間貯蔵施設に提供 地上権30年貸し出しへ /福島

 福島第1原発事故に伴う県内の除染で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設(大熊、双葉町)について、双葉町の伊沢史朗町長は6日、施設予定地内にある町有地を国に提供することを明らかにした。30年間の地上権を設定して貸し出す方針で、今後、補償額算定のための物件調査を受け入れる。町議会全員協議会で報告した。

 町議会後、伊沢町長は記者団に対し「町民が苦渋の判断で協力していることを勘案し、30年で確実に施設を終了…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火事件 青葉容疑者逮捕 殺人容疑などで京都府警 動機解明が焦点

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  4. 長野・坂城の民家で3人死傷 現場に拳銃?2丁 殺人事件として捜査

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです