メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢者向けクリスマス

昭和歌謡ショー楽しむ 桐生・境野 /群馬

昭和歌謡に聴き入る桐生市境野町の人々

 桐生市境野公民館(境野町2)で5日、高齢者が集う「ちょっと早いクリスマス歌謡ショー」が開かれた。桐生市内で活動する昭和歌謡ユニット「ノスタルジクス」を招き、「人形の家」(1969年、弘田三枝子)、「雨のエアポート」(71年、欧陽菲菲)など昭和の懐メロに聴き入った。

 歌謡ショーを企画したのは桐生市11区(境野町自治会)。境…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  4. 社説 カジノ法案が成立へ 賭博に頼る発想の貧しさ
  5. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]