メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朽木に来やんせな!

鳥居本宿の美観、支えあってこそ=オノミユキ /滋賀

 <朽木に来(き)やんせな!>

 彦根と言えば彦根城! ですが、あえて鳥居本へ。中山道鳥居本宿(なかせんどうとりいもとじゅく)は、江戸から63番目の宿場町で、南北1キロほどにわたります。サンライズ出版の岩根さん宅をはじめ、古い建物が残されていると聞いたので、ぜひ行ってみたいと思っていたのです。

 かつて鳥居本は、おなかの薬の赤玉神教丸(あかだましんきょうがん)、柿渋にベンガラを混ぜて作った赤い合羽(かっぱ)、…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  4. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]