メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

斑鳩町

ごみの県外処理、見直し含め検討表明 /奈良

 斑鳩町は6日、5年前に始めた民間委託による県外での可燃ごみの焼却処分について、「発生した区域内でのごみ処理を原則とする社会的合意がある」などとして、見直しを含めて検討する考えを明らかにした。

 町は2012年3月末で、自前のごみ焼却施設を廃止。同年4月から、全国でも珍しい民間委託を始め、三重県伊賀市で焼却処分されている。

 この日の町議会一般質問で、町側は民間委託でコスト削減やごみ減量の取り組みが進んだメリットを挙げる一方、県内で複数自治体による広域のごみ処理が進む現状を指摘。区域内処理の原則に立ち返り、広域処理への参加を検討する意向を示した。

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  5. 隅田川花火大会が中止に 延期での開催も行わず 「来年の日程調整中」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです