「くらて病院」問題

「全ての責任は町長に」 町議会特別委が報告書 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鞍手町の地方独立行政法人「くらて病院」の常勤内科医6人が来年3月末で辞職を表明している問題で、町議会特別委員会(田中二三輝委員長)は6日、「全ての責任は徳島真次町長にある」などとする報告書を議会に提出した。

 病院側から「町長が権限を逸脱した介入をしている」などとする嘆願書が8月に議会に提出され、特別委を設置。11月まで7回の特別委を開き…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

あわせて読みたい

注目の特集