もんじゅ

廃炉、課題山積 核燃料回収、複雑な手順 完了に30年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
もんじゅ廃炉の主な工程
もんじゅ廃炉の主な工程

 廃炉が決まっている高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)について、日本原子力研究開発機構は6日、2047年度までの30年で完了させるとする廃炉計画を原子力規制委員会に申請した。原子炉の冷却に取り扱いの難しい液体ナトリウムを使う高速増殖炉の廃炉は国内では初めてで、原子炉内の使用済み核燃料やナトリウムの回収などの難題が待ち受ける。

 廃炉計画は4段階に分かれ、18~22年度の第1段階で炉内使用済み燃料370体と燃料プール内の160体を取り出し、放射能を帯びていない2次冷却系のナトリウムを抜き取る。第2段階(23年度~)以降で原子炉容器内のナトリウムの抜き取りや設備の解体を進めるが、詳細な工程は決まっておらず、今後検討して、追加計画を申請する。廃炉作業中の維持管理費も含め、完了までに3750億円の費用を見込む。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文793文字)

あわせて読みたい

注目の特集