メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

エルサレム「首都認定」

 「平和の町」と呼ばれることもある3大一神教の聖都エルサレム。イスラエルとパレスチナ自治政府が互いに「首都」と譲らない紛争の核心だ。トランプ米大統領はイスラエルの「首都」と認定すると表明し、歴代米政権の政策を大転換。パレスチナ側やアラブ諸国は猛反発しており、中東情勢の緊迫化が懸念されている。背景と影響は。

この記事は有料記事です。

残り4437文字(全文4590文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです