メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅官房長官

巡航ミサイル調査費計上 「現実踏まえ検討」

 菅義偉官房長官は6日の記者会見で、政府が長距離巡航ミサイル導入に向けた調査費を2018年度予算案に計上する調整をしていることに関し「安全保障環境は極めて厳しい。国民の命と平和な暮らしを守るため、現実を踏まえさまざまな検討をする責任が政府にある」と述べた。

 巡航ミサイルを保有した場合、日本に弾道ミサ…

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文251文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]