米国

エルサレム首都認定 ロシア、EU、英国、中国、インドネシアの反応

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ■ロシア

 ロシアのプーチン大統領は5日、パレスチナ自治政府のアッバス議長との電話協議で「(中東情勢などの)状況を複雑化させる」として懸念を表明した。ペスコフ大統領報道官が6日、明らかにした。

 露大統領府によると、プーチン氏は、アッバス氏に対し、パレスチナとイスラエルの「2国家共存」を最終目標とするロシアの方針を改めて表明した。【モスクワ杉尾直哉】

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文906文字)

あわせて読みたい

注目の特集