セブン-イレブン・ジャパン

省エネ店舗、路面に太陽光パネル

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
セブン-イレブン千代田二番町店前に設置された路面型の太陽光発電パネル(手前)=東京都千代田区で2017年12月6日、今村茜撮影
セブン-イレブン千代田二番町店前に設置された路面型の太陽光発電パネル(手前)=東京都千代田区で2017年12月6日、今村茜撮影

 セブン-イレブン・ジャパンは6日、次世代型の省エネ店舗を報道陣に公開した。フランス製の路面型太陽光発電パネルを店舗前に設置して電力調達量を抑えるほか、スライド式の冷凍棚など最新設備を取り入れて従業員の負担軽減を図る。同店での6カ月間の検証を経て、全国のセブン-イレブン約2万店に順次導入していく。

 本社(東京都千代田区)に併設する直営店「セブン-イレブン千代田二番町店」を「ひとと環境に優しい店舗」のモデル店として7日に改装オープンし、公募で導入した国内…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文570文字)

あわせて読みたい

注目の特集