メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 甲状腺がんの子ら 再発や転移「不安」77% 検査縮小を懸念

 東京電力福島第1原発事故後、甲状腺がんと診断された子どもらを支援しているNPO法人「3・11甲状腺がん子ども基金」(事務局・東京)は6日、子どもらへのアンケート結果を発表した。適切な治療を受ければ予後はよいと言われる甲状腺がんだが、回答者の8割近くが不安は「ある」と回答した。【沢田石洋史】

 アンケートは原発事故当時に福島県で暮らし、同基金が療養費を支援してきた67世帯を対象に8月に実施、52世帯が回答(回収率約78%)した。回答者は治療を受けた本人が…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  2. ももクロ コンサート、大勢のファン予想に近江鉄道苦悩
  3. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  4. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」
  5. 宮崎 霧島連山の硫黄山噴火 噴火警戒レベル3に引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]